エペソ人への手紙

第1章

1 パウロ、神の御心によるキリスト・イエスの使徒より、キリスト・イエスにある忠実な(エペソの)聖徒たちへ。
2 私たちの父なる神と主イエス・キリストから、恵みと平安があなた方にあるように。
 3 ほめたたえられるべきは、私たちの主イエス・キリストの神であり父である方、私たちを、キリストにあって、天にあるあらゆる霊的祝福で祝福してくださった方です。
4 それは、世界の基礎が置かれる前から、神が私たちをこの方の中に選んでくださったからです。私たちがこの方と向かい合って、愛の内に聖く傷のない者となるためです。
5 神が、ご自身の善意ある御心のゆえに、私たちをイエス・キリストによってご自分の子にすると、あらかじめ定めておられたからです。
6 それは、神がその愛する方にあって私たちに恵んでくださった、この神の恵みの栄光がたたえられるためです。
 7 この方にあって、私たちはその血による贖い、すなわち罪のゆるしを得ています。神の豊かな恵みのゆえです。
8 神はこの恵みを、私たちに満ちあふれさせてくださいました。あらゆる知恵と思慮深さをもって、
9 御心の奥義を私たちに知らせることによってです。これは、神が御子にあって決めておられた、ご自身の善意あるご計画に従ってのことです。
10 そのご計画とは、諸時代が満ちて、ご計画の実行に至った時、キリストにあるすべての者たちを、すなわち天にある者たちと地にある者たちを、キリストをかしらとして一つにすることです。
11 また、この方にあって、私たちは神の所有財産ともされました。御心の決意通りにすべてを実行される方の目的に従って、あらかじめそう定められていたからです。
12 それは、私たち、早くからキリストに望みを置いていた者たちが、神の栄光をたたえるためです。
 13 この方にあって、あなた方も、真理の言葉であるあなた方の救いの福音を聞き、この方を信じた時に、約束の聖霊による証印によって、この方の中に封じられたのです。
14 聖霊は、神の所有財産とされた私たちの保証であり、この神の所有物の贖いに至るまでの保証です。それは、神の栄光がたたえられるためです。
 15 このゆえに私も、あなた方の持っている、主イエスに対する信仰と、すべての聖徒たちに対する愛について聞いた時以来、
16 祈る度に、あなた方のことを覚えつつ、あなた方のために絶えず感謝をささげているのです。
17 どうか、私たちの主イエス・キリストの神、すなわち栄光の父が、あなた方に知恵と啓示との霊的力を与えて、神を深く知ることができるようにしてくださるように。
18 こうして、あなた方の心の目に、はっきり見るための視力が与えられ、それによって、神の召しがどれほど希望にあふれているか、また、聖徒たちが神の所有財産であることがどれほど栄光に富んだことか、
19 また、神の全能の力の活動力に従って、信じる私たちに働く、神の卓越した潜在力がどれほど強力であるかを、あなた方が知ることができるように。
 20 神は、キリストを死者たちの中からよみがえらせ、天においてご自分の右の座に着かせる時に、この活動力をキリストの中に働かせられました。
21 神はキリストを、すべての支配、権威、権力、主権のはるか上に、実に今の世だけでなく、来るべき世においてもとなえられ続ける、すべての名のはるか上に高く置かれました。
22 さらに神は、すべてのものをこの方の足の下に従わせ、この方をすべてのものに優るかしらとして、教会にお与えになりました。
23 この教会こそ、キリストの体であり、すべてのことを完全に成し遂げることのできる方が成就されたものです。

第2章

 1 また、あなた方も自らの違反行為と罪との中で死んでいました。
2 その頃は、それらの罪の中にいて、この世の風習に従い、空中の領域の支配者であり、今も不従順な人々の心に働いている思想を支配している者に従って歩んでいました。
3 私たちも皆、不従順な者たちであって、かつては肉と心の願望を行いながら、自分の肉の情欲の中に生活していました。他のすべての者と同じく、生まれながらの性質ゆえに、御怒りを受けるべき者たちだったのです。
4 しかし、神は憐れみ豊かな方なので、私たちを愛してくださった、あの偉大な神の愛のゆえに、
5 違反行為の中で死んでいたそのような私たちを、キリストと共に生かし、──そうです、恵みで救っていただいたのです──
6 さらに、キリスト・イエスにあって、共によみがえらせ、天の所に共に座らせてくださいました。
7 それは神が、ご自身の無限に豊かなこの恵みを、キリスト・イエスにある私たちに対する慈愛によって、来るべき世々において証しするためです。
8 実に、あなた方はこの恵みによって、信仰を通して完全に救われているのです。これは、あなた方から出たことでなく、神からの賜物です。
9 行いによるのではありません。ですから、だれも誇ることはできません。
10 なぜなら私たちは、良い働きをするために、キリスト・イエスの中に造られた神の作品だからです。神は、私たちがその良い働きの中に歩むようにと、これを前もって備えておられるのです。
 11 このゆえに、あなた方は以前、肉において異邦人であったことを思い出してください。人の手によって肉体に受けた、いわゆる割礼の者たちからは「無割礼の者」と呼ばれる人々でした。
12 すなわち、その頃のあなた方は、キリストと無関係であり、イスラエルの国籍から遠ざけられ、あの約束の諸契約からは疎外され、この世にあって望みなく、神もない人々でした。
13 しかし今、キリスト・イエスの中にあることで、かつて遠く離されていたそのあなた方が、キリストの血によって近い者とされました。
 14 実に、キリストこそ私たちの平和であり、両者〔ユダヤ人信者と異邦人信者〕を一つにし、仕切りの隔ての壁であった敵意を、ご自身の肉体をもって打ち倒し、
15 様々な掟から成る戒め、すなわち律法を無効にされました。こうして、この二つのものを、ご自身にある新しい一人の人に造り上げ、平和をつくられたのです。
16 さらに、十字架によって両者を一つの体とし、神に完全に和解させ、こうして十字架によって敵意を滅ぼしてくださいました。
17 まさにキリストは、遠かったあなた方の所に来て平和の福音を宣べ伝え、近くにいた者たちにも平和の福音を宣べ伝えてくださったのです。
18 それで、私たち両者は、この方を通して、一つの御霊によって、御父に近づく道を得ているのです。
19 そういうわけで、あなた方はもはや他国人でもなく、寄留者でもありません。あなた方は共に聖徒の国の民であり、神の家族の一員です。
20 あなた方は、使徒と預言者という基礎の上に建てられ、キリストご自身が角の頭石です。
21 この方にあって、建物全体は密に組み合わされながら、主にある聖なる神殿へと成長していきます。
22 この方にあって、あなた方も共に建て上げられながら、御霊(の働き)によって、神の住まいとなるのです。

第3章

 1 このような理由で、異邦人であるあなた方のためにキリスト・イエスの囚人となっている私パウロが(祈ります)。
2 ──私に与えられている、この神の恵みのご計画については、すでに聞いたはずです。
3 先に簡単に書いたように、この奥義は啓示によって私に知らされました。
4 この奥義については、あなた方がこれを読めば、私がキリストの奥義をどのように理解しているかを知ることができます。
5 この奥義は、前の諸時代には人の子らに知らされていませんでした。しかし、今や御霊によって、キリストの聖なる使徒たちと預言者たちに啓示されています。
6 すなわちそれは、異邦人が福音を通してキリスト・イエスにあるものとなったことで、共に神の所有財産となり、共に一つの体となり、共に約束にあずかる者となっているということです。
7 私は、神の力の働きによって、神から与えられた恵みの賜物に従って、このキリストの奥義に仕える奉仕人にされました。
8 すべての聖徒たちの中で最も小さなこのような私に、キリストの測り難い(恵みの)豊かさを異邦人に宣べ伝え、
9 万物を創造された神の中に世々の昔から隠されていたこの奥義のご計画が、どのようなものであるかをすべての人々に明らかにするという、神の恵みが与えられたのです。
10 こうして今や、神の多種多様の知恵が、教会を通して、天上の支配や権威らに知らされることとなりました。
11 世々にわたるご計画通りに、神は、私たちの主キリスト・イエスによって、これを実行されました。
12 この方にあって、私たちは大胆さ、すなわち神に受け入れられているという確信を、キリストを信じる信仰を通して持っているのです。
13 それゆえ、あなた方のために私が受けている苦しみを見ても、落胆することのないように願います。この苦しみこそ、あなた方の誉れなのですから。──
 14 このような理由で、私はひざをかがめて御父に向かって祈ります。
15 天上においても地上においても父族と呼ばれる、あらゆるものの源である御父に向かって祈ります。
16 どうか御父が、ご自分の栄光の豊かさに従って、御霊を通して、あなた方の内なる人を力強く強めてくださるように。
17 その結果、キリストが、あなた方の信仰を通して、あなた方の心の中に(心地よく)住んでくださるように。また、あなた方がしっかりと愛に根ざし、愛に基礎を置くようになって、
18 すべての聖徒たちと共に、神の愛の広さ、長さ、高さ、深さを理解するための力が十分に与えられ、
19 人の理解をはるかに超えたキリストの愛を味わい知ることができるように。このようにして、あなた方が完成されて、神のあらゆる美徳で満たされた様に至るように。
 20 私たちの求め、思いのすべてをはるかに超えて、私たちの内に働いている力に従って、あふれるばかりの豊かな恵みをもって、事を成就することのできる方に、
21 栄光が、教会によって、またキリスト・イエスによって、世々限りなく永遠にあるように。
アーメン。

第4章

 1 そこで、主にある囚人としてつながれているこの私が、あなた方に願います。あなた方が召された、その召しにふさわしく歩み、
2 謙遜と柔和の限りを尽くし、寛容な態度で、愛をもって互いに忍び合い、
3 平和の絆で結び合わされ、御霊による一致を保ち続けることに、どうか熱心であってください。
4 体は一つ、御霊は一つです。そのようにあなた方の召しの望みも一つであり、その一つの望みを持つように、あなた方は召されているのです。
5 主はおひとり、信仰は一つ、バプテスマは一つ、
6 すべての者の上にあり、すべての者を通して働き、すべての者の内におられる、すべての者の父なる神は唯一です。
 7 しかし、私たち一人ひとりに恵みが、キリストからのこの賜物の量りに従って与えられています。
8 それゆえ、こう語られています。
 「天に昇ったとき、
  彼は捕虜を捕らえて連行し、
  人々に賜物をお与えになった。」(詩篇六八:一八)
9 さて、「昇った」ということは、地の低い所に下られたということでなくて何でしょうか。
10 この下られた方ご自身が、天のはるか高くに昇られた方でもあり、こうしてすべてを成就されました。
11 それでこの方が、ある人を使徒として、ある人を預言者として、ある人を伝道者として、ある人を牧師すなわち教師として(教会に)お与えになったのです。
12 それは、聖徒たちを奉仕の働きにふさわしい者に整え、キリストの体を建て上げるためです。
13 この働きは、私たちのすべてが、神の御子を信じる信仰と、神の御子についての知識との一致に到達し、完全にひとりの成人になり、キリストの完成品としての、完全に成長を遂げた身長に達するまで続けられます。
14 そうすれば私たちは、もはや幼児でなくなります。人間のだまし事、すなわち惑わす策略へと誘う悪巧みによって、ありとあらゆる教えの風に翻弄されたり、もてあそばれたりすることがなくなり、
15 むしろ、愛をもって真実を語り続け、あらゆることにおいて、かしらなるキリストにまで成長することができます。
16 この方によって、体全体は、各部分に定められた役割に従って、互いに支え合うすべての関節の働きによって、しっかりと組み合わせられ、密接に結合させられて、体を成長させ、愛によって自らを建て上げていくのです。
 17 ですから、私は主にあって厳しく命じて言います。あなた方はもはや、空しい人生観に従って歩んでいる、異邦人のような生き方をしていてはいけません。
18 彼らは、その心の頑なさと、彼らの中に絶えず存在する無知とのため、神のいのちから切り離されてしまっています。そのため、彼らの思考力は絶望的に暗闇です。
19 彼らは心の痛みを感じなくなってしまったため、好色に身をゆだね、どん欲なまでに、あらゆる不潔な行為を行っています。
 20 しかし、あなた方はキリストについて、そのように学ばなかったはずです。
21 真理はイエスにあるのですから、あなた方は、この方について聞き、この方にあって確かにこう教えられたはずです。
22 「あなた方は、以前のような生き方をしていた古い人、すなわち快楽を追い求めて腐敗していく古い人を脱ぎ捨てました。
23 あなた方の霊、すなわちその人生観は、新たにされていきます。
24 あなた方は、真理に基づく義と聖に従って、神(のご性質)に似せて造られた新しい人を身に着けたのです」と。
 25 ですから、あなた方は嘘をつくことをやめ、「それぞれ、隣人に対して真実を語りなさい。」(ゼカリヤ八:一六)なぜなら、私たちは互いに同じ体の部分だからです。
26 「怒っても、罪を犯してはなりません。」(詩篇四:四)
 太陽が沈む前に憤りをおさめ、
27 悪魔に機会を与えないようにしなさい。
28 盗みをしている者には、これ以上盗みを続けさせてはいけません。むしろ、助けを必要とする人に分け与えることができるように、自分の手で正しい仕事に精を出させなさい。
29 無益な言葉は、一切あなた方の口から出してはいけません。むしろ、正しい言葉で、その言葉を必要としている人の徳を高めなさい。そうすれば、聞く人に恵みを与えることができます。
30 また、神の聖霊を悲しませていてはいけません。この方によってあなた方は、贖いの日まで証印を押されているのですから。
31 苦い言葉、激しい言葉、怒った言葉、興奮した言葉、ののしりなどをすべて、あらゆる悪意とともに、直ちにあなた方から取り除いてしまいなさい。
32 互いに親切で、心優しくあり続け、神がキリストによってあなた方を赦してくださったように、互いに赦し合い続けなさい。

第5章

 1 ですから、あなた方は、愛されている子供として、神を見倣う人になりなさい。
2 キリストが私たちを愛し、私たちの身代わりにご自身を、神へのささげ物、またいけにえとしてささげて、神への良い香りとなられたように、あなた方も愛によって歩み続けなさい。
3 あなた方の間では、淫らな行いも、どのような汚れも、あるいは貪欲も、話題にしてはなりません。それが聖徒にふさわしいことだからです。
4 また、恥ずべき言動や、愚劣なおしゃべり、軽薄な言葉なども、ふさわしくありません。むしろ感謝の言葉を語りなさい。
5 なぜなら、すべてみだらな行いをする者や、汚れた者や、貪欲な者──これがまさしく偶像礼拝者です──は、だれもキリストと神との御国の相続権を持っていないことを、承知しているべきだからです。
 6 口先だけの言葉で、だれによってもだまされてはいけません。こういったことのゆえに、不信仰の子らの上に神の怒りが下るからです。
7 ですから、彼らの仲間であってはなりません。
8 なぜなら、あなた方はかつては闇でしたが、今は主にあって光だからです。光の子供として歩み続けなさい。
9 ──光の実は、あらゆる善行と義と誠実さによって結ばれるからです。──
10 あなた方は、神に喜ばれることが何であるかを実証しつつ歩み続けなさい。
11 また、実を結ばない暗闇の業と係わりを持っていてはいけません。むしろ彼らを責め、誤りを認めさせなさい。
12 彼らが隠れて行っていることは、口に出すのも恥ずかしいことだからです。
13 しかし、光〈信者〉によって責められ、誤りを認めさせられた者は皆、明らかにされるようになります。
14 なぜなら、光に照らされている者は、すべて光り輝くからです。それゆえ、こう言われます。
「眠っている者たちよ。起きなさい。
 死人の中から立ち上がりなさい。
 そうすれば、キリストが
 あなたを輝かせてくださる。」
 15 ですから、自分がどういう歩みをしているかに、よくよく注意していなさい。
愚かな者でなく、賢明な者として、
16 時を十分に生かして用いなさい。悪い時代だからです。
17 それゆえに、無分別な者であってはなりません。かえって、何が主の御心であるかを理解していなさい。
18 また、酒に酔っていてはいけません。そこにあるのは放蕩です。むしろ、(いつも)御霊によって満たされていなさい。
19(そうすることで)詩と賛美と霊の歌によって互いのために語り続け、主に向かって心から歌い、賛美し続け、
20 常にすべてのことについて私たちの主イエス・キリストの御名によって、父であり神である方に感謝し続け、
21 キリストへの恐れをもって、互いの間で(服従すべき人に)服従し続けなさい。
 22 妻たちよ、主に従うように、自分の夫に対してもそうしなさい。
23 それは、キリストが教会のかしらであり、またその体の救い主であるように、夫は妻のかしらであるからです。
24 教会がキリストに服従しているように、妻もすべてのことで、夫に服従すべきです。
25 夫たちよ、自分の妻を愛し続けなさい。キリストもまた教会を愛して、しかも教会のためにご自身を捨てられたからです。
26 それは、この教会を、みことばによる水の洗いによって清めて、聖なるものとし、
27 こうして、しみも、しわも、そのようなものの何一つない栄光の教会を、キリスト自らが、ご自分の前に立たせるためであり、教会が聖く、傷のないものであり続けるためです。
28 夫たちは、このように自分の妻を自分自身の体として、愛し続けなければなりません。自分を愛する人は、自分の妻を愛するはずです。
29 というのも、だれも自分の体を憎んだりしないものだからです。かえって、これを養い、大事に育てます。そのように、キリストも教会に対して同じようにしておられます。
30 なぜなら、私たちがキリストの体の部分だからです。
31「それゆえ、人はその父と母を離れ、
妻と結ばれ、二人は一体となる。」
32 この奥義は偉大です。実に私は、キリストについて、また教会について語っているのです。
33 いずれにしてもあなた方一人ひとりが、それぞれ自分の妻を自分自身として愛し続けなさい。妻もまた夫を敬うようになりなさい。

第6章

 1 子供たちよ、主にあってあなた方の両親に聞き従い続けなさい。それが正しいことだからです。
2 「あなたの父と母とを敬え」は(子供にとって)一番大切な戒めであり、
3 「そうすれば幸いを得、この地上で長寿を得る」という約束を伴っています。
4 父たちよ、あなた方の子供を怒りに挑発してはいけません。むしろ彼らを主の教育と戒めによって育てなさい。
 5 奴隷たちよ。キリストに聞き従うように、誠実な心で恐れおののきつつ、肉の主人に聞き従い続けなさい。
6 人にへつらって、主人の目の色をうかがうような仕え方ではなく、キリストの奴隷として、真心から神の御心を行い続け、
7 人にではなく、主に仕えるように、善意をもって仕え続けなさい。
8 奴隷であっても、自由人であっても、何でも良いことを行うなら、主から報酬をいただけることをわきまえて(従いなさい)。
 9 主人たちよ、あなた方は、彼らとあなた方の主が天におられ、主には差別扱いがないことを知っているのですから、脅したりしないで、(自分に対すると)同じことを奴隷たちに対しても行い続けなさい。
 10 終わりに言います。主によって、すなわち主の全能の力によって強められていなさい。
11 悪魔の悪巧みに立ち向かうことができるように、神からの全装備を(直ちに)身に着けなさい。
12 なぜなら、私たちにとってこの戦いは、人間に対するものではなく、主権、権威、この暗闇の世界の支配者たち、また天上にいる悪の霊たちに対するものだからです。
13 それゆえ、あなた方が、邪悪な時代にあって(悪魔に)対抗し、すべてを成し遂げて、(神の御前に)立つことができるように、神からの全装備を(直ちに)取りなさい。
14 まず立ち上がって、腰に真理の帯を締め、正義の胸当てを着け、
15 足に平和の福音の伝道に備えた靴をはきなさい。
16 これら全てに加えて、信仰の大盾を取りなさい。これであらゆる悪魔の火矢を消すことができます。
17 そして、救いの兜と、神のことばである御霊の剣を取りなさい。
18 あらゆる祈りと願いによって、あらゆる時に、御霊によって祈り続けなさい。そして、このために、あらゆる執着心と願いによって、あらゆる聖徒たちのために、目を覚ましていなさい。
19 また私のためにも、私が口を開くとき、言葉が与えられ、福音の奥義を大胆に知らせることができるように祈ってください。
20 この奥義のために、私は鎖につながれて大使の働きをしています。その中にあっても、語るべき時に、大胆に語ることができるように祈ってください。
 21愛する兄弟であり、主にある忠実な奉仕者であるテキコが、あなた方にすべてを知らせますので、あなた方も、私に関することや、私がどうしているかを知ることができるはずです。
22 私が彼をあなた方のところに遣わすのは、私たちの様子をあなた方に知らせ、あなた方の心を励ますために他なりません。
 23 父なる神と主イエス・キリストから、兄弟たちに、平和と、信仰に伴う愛があるように。
24 恵みが、私たちの主イエス・キリストを朽ちない愛で愛しているすべての者にあるように。